Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オノトの書き味。

onotoオノトの万年筆

昔のペンは、概してペン先が薄手。
しなりも大きめで独特の感触。
最近のペンはどれもペン先が厚く、ペリカンのスーベレーン1000番あたりを除けば硬めのモノが多いですね。
コレはそれに比べてペラペラ。でもそこが書き易い。
ブラックのインクを入れると、非常にマットな線が描けます。
この感触で今のペンを作って欲しいなぁ。
(写真のペンは、恐らく1960年代のモノ。多分。)
スポンサーサイト

今、いちばんお気に入りの万年筆

lamyper.jpg

どうもラミーと言うと、バウハウスなイメージなのだけれど、このペルソナはイタリアのインダストリアルデザイナー:マリオ・ベリーニのデザインによるもの。
ちょっとアール・デコっぽくもある気がするデザインは、実はシンプルで意外と気にならない。
個人的に、サファリの書き味と無骨さが今ひとつ好きになれず、敬遠して来たラミーですが、この辺のラインから上はかなり書き味が良いです。ペン先ちょっと硬めだけれど、ちまちまとノートするのに、とても疲れない。書き易い。
価格的にも1万円台で手に入るとあって、是非オススメの一本です。
(ただし、ボクのもそうだけれど、パラジウムコートのキャップは艶消しとなっており、これが非常に傷つきます。できればフェルトや革の一本用ホルダに入れて持ち歩きたいくらい。

これはホントにスグレモノ!

dot.jpgコクヨのドットライナー

久々のヒットです。
テープのりはだいぶ前からあったけれど、なかなかスパッと切れないんだよね。
でもって、妙にでこぼこしちゃったり...。
で、これはのりの部分がドットになっている。だから、切ったところでちゃんと切れる。
均等に貼れる。おまけにこれはテープのりの最大のメリット、紙がよれない。
ホント便利ですよ。仮止めタイプもあるので、手帳にちょっとした記事をスクラップするなんて時も、パッと貼って乾くのを待つ必要がない。
感動モノです。

モレスキンのカスタマイズ。

moleskinペンホルダー

昼間書いた記事の補足。
慌てて撮った写真なので、どうも具合が良くないんですが。(苦笑)
こんなカンジです。
このところのモレスキン流行りで、金属のスプリング式のペンクリップが売られていますが、ありゃいかんのよ。
ペンが傷むでしょ?
ってことで、↑のようなバタフライ式のホルダーを着けてみました。
ちょっと質感が薄っぺらいので、素材も含めて作り直しを検討中。

変化球

bicビックのブリーフィング
というボールペン。
基本的にペンシルor万年筆しか使わない私です。
どうしても複写式などの公式書類で止むを得ない時しかボールペンは使わないのです。
が、これはつい買ってしまいました。
動きのギミックがあまりにも素敵だったので。
メモしながら時々ライン。
よく考えるねぇ。
個人的には、ペン先がもう少し細字の方がありがたいんですけど。(苦笑)

まずは時期的に...

手帳ですね。
既に商戦は後半に入っているとも言えますが...。
しかし、手帳も本当に凝り始めると、毎年悩みます。
数ヶ月に亘って、ひたすら悩みます。
昨年はほぼ日手帳を使った私ですが、結局どうも個人的には利用スタイルに合わず、システム手帳に切り替えてしまいました。
1日1ページというレイアウトが、一覧性に欠けたのが敗因です。(苦笑)
で、今年は気合を入れてモレスキンのウィークリーにしたのですが...。
まず、巻末のアドレス帳(?)は使わず、どちらかと言うと、フリーメモの多い私なので、オリジナルで糸かがりの手帳を作成。
それから、ペンホルダーは必須だろうと言うことで、バタフライ式のペンホルダーを作り付けました。(詳細画像は別途アップしますね。)

はじめました。

日々文具中心の物欲と格闘しながら暮らしています。
イロイロ、お役に立てるといいんですけど。(笑)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。