Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティーク・クリップ(ペン用)PART1

実験はしばらく置いといて...
海外オークションの楽しみのひとつ。アンティーク探しの話。
それも、できるだけ高価ではなく、そこら辺にないものを探すのがコツ。
これから3回に分けてご紹介するのは、アンティークなペンシルクリップ。
上手く行けば、数百円から手に入ります。
ひとつ目はロゴを見れば一目瞭然、スワンのクリップ。
R0015297.jpg
デザインは極めてシンプルで、アンティークとまでは言えないかも知れませんが。

続きを読む

スポンサーサイト

実験工房 インク編 PART3

すっかり濃くなってきました!
R0015295.jpg
ってことで、再度試し書き。

続きを読む

実験工房 インク編 PART2

自家製インク製造テスト。
ほぼ一日でこんなカンジです。
R0015276.jpg
だいぶ濃くはなって来た。
ってことで、ペンで書いてみましょう。

続きを読む

実験工房 インク編 PART1

最近、インクを調合する製品も出たりして、自分でインクをという方もちらほら。
で、そもそもインクってのはどういうモノであるかという話。面倒だからだいぶ省略しちゃうので、多少の誤解が生じるかも知れないけれど、あまりシビアに読まないでね。
通常、インクには、顔料系と染料系があるワケ。
顔料は日本画の絵の具なんかが代表的。鉱物などを粉末にして膠で溶いて塗る。テンペラ画なんかもそう。
一方、今回ここで実験するのは、ヨーロッパの写本なんかで羊皮紙に使われる染料インク。
『没食子インク』と呼ばれるこのインクは、簡単に言ってしまえば、『タンニン』+『酸化鉄』
タンニンが羊皮紙の繊維に化学変化を起こし、落ちにくい黒を出すというもの。
本来的には、タンニンを多く含む植物の虫こぶと、鉄で作り、アラビアゴムでとろみを付けるんだけれど、できるだけ手近にあるもので実験したいので、代替品で行きます。
タンニンはお煎茶で。それほど豊富というワケではないけれど、カテキンの経時変化も含めて、役割は果たせます。
鉄はそのまんま鉄クギで。後から考えたらスチールウール(鉄製たわし)の方が効率が良かったけれど、手元にあったのがコレだけだったから。
R0015244.jpg
とりあえず瓶に入れます。まだお茶です。

続きを読む

オリジナル封筒作り 完成品。

続きです。
賢明な方は既にお気づきかも知れませんが、先の試作品は決定的なミスが。
そう、宛名が書けないのだよ。
R0015261.jpg
ってことで、コレが本来あるべき姿。

続きを読む

オリジナルの封筒試作

紙工作は愉しいですね。
先日、キリグラフの瀬川さん(http://killigraph.com/)の個展に行って参りました。
やはりね、自分で手を使って作るというのは愉しい。
で、個人的にずっと懸案だったオリジナル封筒を作り始めたワケですよ。
R0015251.jpg

続きを読む

パイロット:いろとりどり

パイロットの『いろとりどり』というサインペン(?)
文具箱からの発掘モノです。
R0015240.jpg
買った時のことを覚えていないのですが、このネーミングだからきっと多色展開をしていたのでしょうねぇ...。
特徴はペン先。

続きを読む

最近愛用の製図MP、三菱Hi-uni。

もう廃盤品でしょうね。
最近でも時折人に頼まれて軽い製図仕事をすることがあります。(昔は住宅の設計もしていました)
今ちょこっと手伝う程度の製図は精密なものではなく、ラフなアイディアレベルのものなので、0.3までは要らないということもあって、もっぱらこのペンシルを使っています。(だいたい、今時本チャンはCADだしね)
R0015236.jpg
確か発売当時はキャップが付いていたような....

続きを読む

道路文字の続き

引き続き文具じゃなくてすみません。
IMGP1246.jpg
この配管を表しているであろう図がまたツボで。
ちゃんと太さの違いも図に反映されています。

街頭の手書き文字。

実は道路工事用の手書きフェチだったりしますw
何気なく見過ごしがちですが、意外と個性があるのですよ。
IMGP1286.jpg
この真ん中の矢印、妙に天地寸詰まりなカンジが良い(?)です。

試作鉛筆その2

手作り鉛筆、材料はヒノキです。
良い香り。
R0015207.jpg
小学校の頃、初めて葉脈標本を作った時のことを思い出します。
酸とアルカリであれこれやった後、歯ブラシで叩きながら葉肉を流して現れた葉脈の複雑さ、美しさにびっくりしたっけ。
インクなどで着色して、軸もそれに合った色を薄くかけてもきれいかも知れない。
ちょっと自然の中で使ってみたくなる鉛筆です。

試作中の鉛筆

どこにもない文具を作ろう!
R0015206.jpg
ま、ちょっとしたお遊びです。

続きを読む

1日の終わりに

IMGP1335.jpg
行きつけのお店でJazzを聴きながらお絵描きタイム。
最近、輸入系の文具店にenvelope系商品が増えた気がする。
みんなそんなに手紙書いてるのかな?
先日どこかで見かけたグラシン紙の封筒はなかなか素敵でしたけど。
因みにボクは仕事上の取引先に資料など送る時には手書きの便箋を添えることが多いです。

ペナントナイフ

最近また少々木工を始めています。
R0015192.jpg

続きを読む

悲しみの文具。

R0015187.jpg

オノトの愉悦。

R0015191.jpg

消しゴムの憂鬱。

R0015179.jpg

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。