Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

削りたての鉛筆が入るペンケース

使い始めの長い鉛筆がキャップも着けた状態で収納できるペンケース、最近漸く出てきましたね。
ずっと月光荘のヌメ革のペンケースを使っていたのですが、どうしても収納量が足りない。
で、店頭で見かけたこのペンケースを愛用しています。
DSC06244.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

栗原優香さんデザインの竹ノート。

竹紙は以前からありましたが、どうしても竹にはメリット/デメリットがあり、どうやら商業的にはデメリットが大きいらしく、こうした製品は出る事がありませんでした。
DSC06257.jpg

続きを読む

竹尾さんの役立つ紙見本。

神保町に紙の専門商社、竹尾さん見本帖本店があります。
私はデザイナーでもクリエイターでも、アートディレクターでもないので、正直、見本帖店にはあまり用がないのですが、たまたま今年、美篶堂さんがその2階に入ったため、足を運ぶ機会が増えました。
2階の約半分を美篶堂が使い、残り半分で展示をしたりしています。
で、密かな楽しみがこのフライヤー。
DSC06230.jpg
デザイナーが、この紙を使ってどういう意図でこれをデザインしたか、紙の特徴をどうとらえたかなどが述べられており、そして紙のデータが記述されています。
更に、このフライヤー....

続きを読む

再生ステンレス鋼の文具

岐阜のメーカーから出ている再生ステンレス鋼の文具です。
パッケージは地味ですが、非常に薄く仕上がっているので、ペンケースに忍ばせるのに良いと思います。
R0015968.jpg
この3点セットで定価472円(税込)。

続きを読む

Staedtler Mars Lumograph と Pencilmakerセット。

ステッドラーの限定セットです。
R0015992.jpg

続きを読む

楽譜装丁のノート(上級編)

さて、上級編です。
分かる人には分かる。分からない人にはどうでもいい、楽譜装丁ノート。
ヘンレ版です!!
と言ってもなんのこっちゃ!?と思われる方も多いのではないかと。
1948年にG.ヘンレがミュンヘンで設立した楽譜出版社で、原譜に忠実をコンセプトにした原典版の専門出版社。(メジャーな楽譜出版社には他にベーレンライター、ブライトコップ・ウント・ヘルテル(現存する中では最古 1719年ライプツィヒで創業)、オイレンブルク、ペータース、リコルディ、ブージー・アンド・ホークス、ショットなどなどがある)
この渋い色合いがまたその威厳を感じさせる!
R0015957.jpg

続きを読む

楽譜装丁のノート

最近、伊東屋などで見かけることがある楽譜装丁のノートです。
若年層狙いもあるのか、誰もが通るエチュードである、ハノンとチェルニーです。
R0015954.jpg

続きを読む

紙素材の透明付箋 PETA

紙と云えば、の竹尾さんから発売されたファインペーパーを使用した半透明の付箋です。
R0015950.jpg

続きを読む

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。