Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C15] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T8] 散策の戦利品【25】LAMYのサファリ

【品名】LAMYのサファリ【分類】ゲルマン魂なインダストリアルデザイン【捕獲場所】パーティーにて【散財額】プレゼンツ!仕事柄、文房具は欠かせません。編集と言っても、
トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/29-85d9b3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一転してラミーファン。Lamy2000

なんとなく、先の記事でサファリをけなしまくって、ラミーに悪いなと。(苦笑)
いや、正直いまだにサファリは嫌いだけれども、ラミーはむしろ好き。
いいや、最も好きかも。
いちばんのお気に入りで紹介した通り、今最も使用頻度“高”である。

では、思春期に(!?)思い切りサファリに失望した私がなぜラミーファンになったのか。
それは...
社会人になって数年後、たまたま出向したマルチメディア系のソフトハウスで、某老舗出版社の百科事典系コンテンツの編集長と仕事でご一緒することになった。
そのお方が使っていたのが ρ(・・。) コレ
LAMY2k.jpg

Lamy2000。
バウハウスのデザイナー、ゲルハルト・ミュラーによるそのデザインは、いかにもバウハウスなモノトーンながら、そのしっとりしたつや消しの黒と、ヘアライン加工した金属のTipが、冷たくも美しく、知的に輝いていた。
それをまた編集長はあたかもジャーナリストがメモパッドに、4B鉛筆か何かで、いつもの手馴れた様子で殴り書きするかのように、無造作に、乱暴に、しかし実に流れるように、打ち合わせメモを書き連ねて行ったのです。
それを見た瞬間、『あぁ、これは働く男の道具なんだなぁ』と思ったのね。でも、その当時はすぐに入手する気にはなれなかった。
やはり憧れと言うか、彼のような、経験に裏付けられた自信を手に入れなければ、使ってもしようがない気がしたのだ。
あれから数年して、決して自身は成長していないのだけれど、ずっと気になっていたこいつが、実はそれほど無茶に高級なものではないということもあって、手に入れた。
いい。
硬すぎず、やわらかすぎず、実にいい。
とてもサファリとは比べられない。

それからです。ラミーファンになったのは...。

コメント

[C15] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T8] 散策の戦利品【25】LAMYのサファリ

【品名】LAMYのサファリ【分類】ゲルマン魂なインダストリアルデザイン【捕獲場所】パーティーにて【散財額】プレゼンツ!仕事柄、文房具は欠かせません。編集と言っても、
トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/29-85d9b3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。