Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C434] 最高峰!

いつか・・・ いつか・・・ (T T)

どこかで試し書きしてみたいです。

いや、やっぱりやめておこう。欲しくなってしまうと
危険ですから(笑) ←お金ないので~♪

[C436] 人生...

短いですよ?意外と。(悪魔)
ボクが危険をカンジて避けているのは、ベンヴェヌート・チェルリーニというペンです。
おぉ~クワバラクワバラ。(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/297-f7c23bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

定番だよな。

m1000_1.jpg

今、定番の万年筆は?と言ったら、まず真っ先に出て来るのはペリカンのスーベレーンではないかと思うのですが。
ただ、コレまで紹介して来たペンを見ていただければ分かる通り、ボクはちょっとへそ曲がり。(自嘲)
定番中の定番ってのは、実はちょっとイヤだったりします。
恐らくスーベレーンでも、M800辺りが一番シェアが高いだろうし、一般的に評価も高いはず。
ホントに確かな品質で、おまけに金ペン堂さんやらフルハルターの森山モデルとかなら尚のこと、書き味抜群だったりするのでしょう。
それでM800なんかは大きさも程よく扱い易い。
でもボクは扱い易い、書き易いだけでは物足りない。
そこで、敢えてお気に入りにするのはM1000。
m1000_2.jpg

何せでかいし。(下はM600のニブ)
ちょっと気難しいところがあるけれど、何と言ってもこのペンの特徴は、超弩級に柔らかいペン先。
この書き味はホントに独特で、長時間、たくさん字を書いても疲れない。
それに楽しい。最高に楽しい。
都市シリーズで有名なM600シリーズや、あるいは上記のお店などで薦められて初めてのペンをM800などにした方、万年筆の書き味を充分味わったら、是非次のチャンスにはコイツにチャレンジして欲しい。
限定だの何だので、価格的にすごいペンはたくさんあるだろうけれど、単にペンとして現時点で最高峰だとボクは思っています。

コメント

[C434] 最高峰!

いつか・・・ いつか・・・ (T T)

どこかで試し書きしてみたいです。

いや、やっぱりやめておこう。欲しくなってしまうと
危険ですから(笑) ←お金ないので~♪

[C436] 人生...

短いですよ?意外と。(悪魔)
ボクが危険をカンジて避けているのは、ベンヴェヌート・チェルリーニというペンです。
おぉ~クワバラクワバラ。(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/297-f7c23bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。