Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C467]

タチカワの漫画ペンって字を書くのに向いてないってイメージだったんですけど、調子良いんですね、でも400円はビミョーな値段ですねぇ。

[C469] >どーむさん

字もいいと思いますよ。ボクは。
ただ、極細ですから、紙を選ぶのかも。
ある程度のきめ細かさがないと、繊維を削ってペン先に絡むから。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/318-c8899d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

個人的に最強な鉄ペン。

画材メーカー(?)、タチカワのマンガ用ペンです。
超廉価版の万年筆(鉄ペン=ペン先がスチール)は普段手を出さないのです。
それは大抵、間に合わせや妥協、幻滅とセットになってしまうから。
で、実はコレまで手にした鉄ペンの数々も、結局使っていなかったりする。そりゃ、ずっと書き味の良い高級ペンもあるワケだから、仕方ないよね。
それでも買ってしまったりするのは、ある意味小学校時代のキャンディへの郷愁みたいな感覚だったりもする。
tachikawas-1.jpg

で、今回はたまたま、最近買ったミーティングメモ(気が向いたら別途記そうと思います)の罫線が細く、要は極細のペンが欲しかったんだけれど、たまたま目について、「どうせガリガリなんだろうなぁ...。」と思いつつ、400円で替えカートリッジ式(専用なんだけどね)。
tachikawas-3.jpg

おまけに速乾性で耐水とキているので、ちょっといってみるかと。
tachikawas-2.jpg

しかし、正直、感動しました。
0.2~3ミリ相当かな?非常にスッキリ細いです。
が、何と言うかなぁ絶妙な書き味なんですよ。
ハイテクCを滑らかにしたカンジ。インクもきちんと出る。けれど、滲み・裏写りしづらい。
ペン先は気持ち薄めで、金ペンの軟らかさはないものの、滑らかとは言っても、往年のオノトなどを思わせる多少の摩擦感のある懐かしい書き味。
これはホントにいいです。オススメです。

コメント

[C467]

タチカワの漫画ペンって字を書くのに向いてないってイメージだったんですけど、調子良いんですね、でも400円はビミョーな値段ですねぇ。

[C469] >どーむさん

字もいいと思いますよ。ボクは。
ただ、極細ですから、紙を選ぶのかも。
ある程度のきめ細かさがないと、繊維を削ってペン先に絡むから。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/318-c8899d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。