Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C750] これって

ちょっとニブがサファリっぽいですね。
どうしてもペンケースを使う事を前提にする事が多いので、お尻の長いペンはちょっと敬遠気味です。

これ全長はどれくらいありますかね?

[C752]

コチラは640ミリでした。
因みにアートペンは790ミリ。
どちらにしても、明らかに長いのは確か。(苦笑)
月光荘のペンケースなら入りそうですが。

[C1524]

品名カリグラフ、品番022 0**,0.6mmから2.3mmまでの六種の字幅があり、のちにカリグラフSへと交替した製品です。
カリグラフSはシュナイダーあたりの製品によく似たちょっと安っぽい外観をしていました。
名前の通りカリグラフィ用で、0.6は"ハンドライティング"に分類され、私も0.6のみ持っています。なめらかさに欠けますが表情のある線になりますね。
  • 2008-09-30 20:21
  • 魚眼
  • URL
  • 編集

[C1525]

>魚眼さま
いらっしゃいませ。
この程度のラインの製品だと滑らかさはあまり期待できませんね。
使い込むか、あるいはラッピングペーパーなどで、軽く研いでしまうか....。

[C1571] カリグラフ

これは廉価版のスチールペン Rivette シリーズから派生したもののようです。Rivetteシリーズは赤・青・紺・緑・黄・黒などのカラーバリエーションがある一方、ペン先も通常筆記用のF,M,B以外に魚眼さんのご指摘通りのカリグラフィータイプが用意されていたらしく、eBayのオークションにも最近出品されていました。カリグラフィー用は先端にイリジウムポイントが無いものも多く、特に細いものでは滑らかな書き味を求めるのは難しいと思います。砥石が入ったセットもあるくらいですので、研いで使うのはおそらく「正解」です。
  • 2008-12-23 22:26
  • HTOR
  • URL
  • 編集

[C1573]

>HTORさま
ほほぅ。やはり研ぎですか。
試してみようかなぁ。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/439-cc68f91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rotring Artpen......ではないけど。

昨日に引き続き、Rotringの鉄ペンで、おまけになんて言うの?こういうタイプ。
尻軸が細くなってく長いヤツ。デスクペンとでも言うのかな?
ですが、商品名が分かりません。(苦笑)
rsilvermetalic.jpg

昨日のアートペンよりはずっとスタイリッシュ。
ペン先は更にシンプルになっています。
なぜかEFなどと言った表記がなく、ニブの脇に小さな字で“0.6”などと数字が入っています。
XFなカンジ...つまりかなり細い。発売当時、よく覚えていないんだけれど、そもそもアートペンのようなプロ用の道具てはなかったのではないかな?
ペン先の種類もそう豊富ではなかったような。
rsilvermetalic2.jpg

あと、アートペンとは違い、キャップは尻軸にハマりません。
因みにサイズはアートペンよりコンパクトです。
rsilvermetalic3.jpg

コメント

[C750] これって

ちょっとニブがサファリっぽいですね。
どうしてもペンケースを使う事を前提にする事が多いので、お尻の長いペンはちょっと敬遠気味です。

これ全長はどれくらいありますかね?

[C752]

コチラは640ミリでした。
因みにアートペンは790ミリ。
どちらにしても、明らかに長いのは確か。(苦笑)
月光荘のペンケースなら入りそうですが。

[C1524]

品名カリグラフ、品番022 0**,0.6mmから2.3mmまでの六種の字幅があり、のちにカリグラフSへと交替した製品です。
カリグラフSはシュナイダーあたりの製品によく似たちょっと安っぽい外観をしていました。
名前の通りカリグラフィ用で、0.6は"ハンドライティング"に分類され、私も0.6のみ持っています。なめらかさに欠けますが表情のある線になりますね。
  • 2008-09-30 20:21
  • 魚眼
  • URL
  • 編集

[C1525]

>魚眼さま
いらっしゃいませ。
この程度のラインの製品だと滑らかさはあまり期待できませんね。
使い込むか、あるいはラッピングペーパーなどで、軽く研いでしまうか....。

[C1571] カリグラフ

これは廉価版のスチールペン Rivette シリーズから派生したもののようです。Rivetteシリーズは赤・青・紺・緑・黄・黒などのカラーバリエーションがある一方、ペン先も通常筆記用のF,M,B以外に魚眼さんのご指摘通りのカリグラフィータイプが用意されていたらしく、eBayのオークションにも最近出品されていました。カリグラフィー用は先端にイリジウムポイントが無いものも多く、特に細いものでは滑らかな書き味を求めるのは難しいと思います。砥石が入ったセットもあるくらいですので、研いで使うのはおそらく「正解」です。
  • 2008-12-23 22:26
  • HTOR
  • URL
  • 編集

[C1573]

>HTORさま
ほほぅ。やはり研ぎですか。
試してみようかなぁ。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/439-cc68f91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。