Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T68]

バービカン・センターバービカン・センター(Barbican Centre)はイギリス・ロンドン東部のシティ・オブ・ロンドンにあり、1982年に完成したヨーロッパ最大の文化施設。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Ar
トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/506-37ce10fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

買わない日もある。

shinkoku1.jpg

会社から散歩と言ってもよい程度の距離に新しく出来た国立新美術館。
オープンから少し経ってしまいましたが、ちょっと立ち寄ってみました。
それにしても、設計者である黒川紀章さん、今や時の人?(苦笑)
いや、もう少し普通の主張・言動だったら、思わず入れようと思っちゃったとこですが。
ま、それは置いといて、非常に大規模な美術館ですが、カフェなどの充実も見逃せないところ。
しかし、個人的にそれより何より、エントランスホールの広さと、そこに置かれたテーブル&チェア。カフェカウンターからドリンクなどを買ってというのはもちろん、何も頼まなくたって自由に座れる。使える。
shinkoku2.jpg

↑見えるかな?左奥あたりがそうです。
こういったコーナーがあちこちにある。
もちろん、入場料不要のオープンスペースです。
金なんか使わずに読書や書き物が出来るというのはいいんじゃないかな。
そういやぁロンドンあたりの例えばバービカンセンターやらクイーンエリザベスホールなんかも共有スペースは広くて自由に使えたものな。
で、今回のお目当ては、実はミュージアムショップだったワケ。
shinkoku3.jpg

本の類はなかなか充実しています。
ただ、ホントは買おうと思ってたオリジナルのノートはリングタイプは罫線付きでデザインもイマイチだったし、無地のA5ノートは製本がひどかった。
ということで手ブラで帰って来たのでした。
ま、そう言う日もあるさ。
因みに、個性の主張や差別化は大事だけれど、税金使って建てる箱にここまで凝るのはどうかな?円柱でなく円錐の風除室に付けられた自動ドアは、苦心の跡が見えました。メンテナンス含めると....ちょっとねぇ?
個人的には併設の政策大学院の建物が良いと思いました。
かなりスケルトンなカンジのキューブは、ライトオークの茶色がシックなカンジで。
あぁ言う事務所で仕事したいなぁ。(笑)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T68]

バービカン・センターバービカン・センター(Barbican Centre)はイギリス・ロンドン東部のシティ・オブ・ロンドンにあり、1982年に完成したヨーロッパ最大の文化施設。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Ar
トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/506-37ce10fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。