Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C971] 珍

おー珍しいものですね。
キャップの機構は何なんですかね、気になリます。

で、さらっとゴムサックを変えたとありますが、サックってどうやって入手してます?教えてください~

[C972]

>ど-むさん
ボクは、テルアヴィブの万年筆ディーラーから取り寄せています。

[C974] !?

テルアヴィブってイスラエルの?
それは英語2のどーむにゃ無理だ(w

[C976]

そう、イスラエルです。
が、たまたま安かったから一度そこに頼んだんで、おそらく国内でも入手ルートはあるはずです。
調べるには人脈が必要でしょうけれど...。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/547-3cabd5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Stipulaのヴィンテージ Alegrafica。

alegrafica01.jpg

かなりレアモノです。スティピュラにこんなモデルがあったとは。
創業自体、ものすごく古いメーカーではなかったと思うから、初期の作品なんでしょうか?
恥ずかしながら、ちょうど今、手元にイタリア語辞典がないので、「alegrafica」の意味が分かりません。(汗)
alegrafica02.jpg

微妙なデザインではありますが...。
alegrafica03.jpg

で、ここになんと!
alegrafica04.jpg

謎の機構が組み込まれています。
もうかなり経年劣化を起しているので、おそらく回るであろうこの物体はビクともしません。その底の部分は、これまたもしかしたら劣化でそう見えなくなっているけれど、実はスタンプ台のようなものだったのかも知れません。
とすると、予想されるのは、五線が書けるということなのかっ!?
謎です。
alegrafica05.jpg

ペン先自体の状態はそれほど悪くなく、キレイなもんです。
書き味も悪くない。
alegrafica06.jpg

ただし、最初は修理するのに苦労しましたよ。
何せ劣化でこんな状態だったんですから。↓
alegrafica07.jpg

インクサックを取り替えました。キレイに残骸を剥ぎ取って磨いて、そして新しいゴムを着けて。
で、このペン面白いのは、そのインク吸入の機構。
分かるかな?↓
alegrafica08.jpg

インクサックのお尻に接着された真鍮パーツが“-”の凸になっていて、尻軸の先端(普通は回転式になってる部分ね)が同じ“-”の凹になってる。
で、尻軸の回転部を回すと、真鍮パーツが回り、インクサックがひねられる。で、そのひねった(絞った)状態から戻るときにインクを吸う。
変なの。(笑)

コメント

[C971] 珍

おー珍しいものですね。
キャップの機構は何なんですかね、気になリます。

で、さらっとゴムサックを変えたとありますが、サックってどうやって入手してます?教えてください~

[C972]

>ど-むさん
ボクは、テルアヴィブの万年筆ディーラーから取り寄せています。

[C974] !?

テルアヴィブってイスラエルの?
それは英語2のどーむにゃ無理だ(w

[C976]

そう、イスラエルです。
が、たまたま安かったから一度そこに頼んだんで、おそらく国内でも入手ルートはあるはずです。
調べるには人脈が必要でしょうけれど...。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/547-3cabd5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。