Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/60-0358bbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドクター・ヤンセンのボトルインク

これまたずっと気になっていたのですが...。
ボトルインクってのは、使い切るほど文字を書く機会が減っているせいもあって、なかなか新しいものを買う勇気が出ない。
で、ずっと気になりつつ、スルーしていたこのブランド。
とうとうチャレンジです。
ボクは単純な善し悪しでなく、万年筆のインクってのは、その色によって鮮やかさが求められたり、渋さ・深さが求められたり、一概にこういうのが良いと定義できないと思うのですよ。
当然、ペン自体の雰囲気や用途によっても基準が変わる。
だからとっても難しいし、同時に面白い。

で、このヤンセンのインクは、全部で20種類。それぞれに著名人の名前がついている。
ホントは、ミーハーはヤなんだけれど、このところずっとブラウン系が気に入って使っているので、ダ・ヴィンチが欲しかったの。
でも売り切れてて、他にも欲しい色、たくさんあったのですが、何となく気分でコレを選びました。
verdi.jpg

ジュゼッペ・ヴェルディです。
イタリアのオペラ作曲家。何と言っても椿姫が有名でしょうね。
で、このインク、実に渋い、日本で言うまさに藍色ってカンジ。
verdi2.jpg

(悪筆御免...書いたのは、椿姫の中の超有名なアリアのタイトル)
実際はもう少し濃いカンジ。スキャンだと難しいですね。

あぁ、しかし、名前だけでバッハやベートーヴェンなんぞも買ってしまいそうだし、色で言えば、ピョートル大帝やジュール・ベルヌも素晴らしい!
ま、ペン本体で散財するよりはインクの方がずっと経済的なのかも知れません。(笑)

因みに...
最初にこのパッケージ見て、ミョーな違和感が...。
そう。ヴェルディの名前は『Giuseppe』なのであって、このパッケージの『Guiseppe』は誤植だと思うのね。ま、ドイツ人だから、許しましょうか?
それとも、そういう表記があるのかな?(笑)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/60-0358bbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。