Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C1166] MAXだからこその性能

カード文具の楽しみは、「意外性」とか「ギミック」「作り込み」「詰め込み度」です(笑)。
また、形状(カード型)が故に、開発者の苦心が見え隠れするのも、おもしろいところです。
さて、件のスタッカードは、実際にお使いになって分かったかと思いますが、あのMAXだからこその、実用に耐えるだけの作りが見て取れると思います(耐久性には、難ありですが)。
対する「カード・ホチキス パンチ付」は、サイトにも記載しておりますが、穴の空き具合は今ひとつです。

[C1175]

こりゃ凄いや。
ネタにはサイコーだけど針が手に入るのかがやっぱり問題ですね。

[C1177]

>どらさん
そうだったんですね。>空き具合今ひとつ
耐久性はまだまだ定かではありませんが、とにかくよく出来てると思います。
さすがMAXです。

>どーむさん
多分、付属のモノ、切れたら終わりでしょうね。とは言え、4つ買っていますからしばらくは持ちますが。(苦笑)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/663-5b401934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MAX STACCARD 使用編。

さて、実際に使ってみましょう。
紙をセットした状態はこんなカンジ。
通常のステープラーとの相違点はタマの向き。
staccard04.jpg

打ったカンジは思ったよりヤワじゃありません。
ちゃんと打てます。
但し、セットする切込み部分とタマの向きがあるので、例えばA4の長辺側のセンターに打つってのは無理だな。
角の部分を止めるなら問題ありません。
staccard05.jpg

ふと、気付いたけれど、なんと裏返してみたらフラットになってる。
もしかして、フラットタイプのステープラーより先にその機能を実現してた!?(前後関係不明です。)
staccard06.jpg

↓実は専用のタマはこんなに小さい。なんだか可愛いですね。
staccard09.jpg

さて、今となっては問題なのは替えのタマが入手できるかですが、ボクとしては非常に魅力的なアイテムだと思いました。
何しろ昨日も書いたけれど、簡単には持ち運べないと思っていたステープラーがこんなにコンパクトになっているワケで、ラフな雑記帳に切抜きやショップカードをバチっと留めちゃうなんてことが出来るんだもんね。
こうなってくると、どらさんとこにある、コレに二穴パンチがついたヤツ、気になってくるなぁ。(笑)

コメント

[C1166] MAXだからこその性能

カード文具の楽しみは、「意外性」とか「ギミック」「作り込み」「詰め込み度」です(笑)。
また、形状(カード型)が故に、開発者の苦心が見え隠れするのも、おもしろいところです。
さて、件のスタッカードは、実際にお使いになって分かったかと思いますが、あのMAXだからこその、実用に耐えるだけの作りが見て取れると思います(耐久性には、難ありですが)。
対する「カード・ホチキス パンチ付」は、サイトにも記載しておりますが、穴の空き具合は今ひとつです。

[C1175]

こりゃ凄いや。
ネタにはサイコーだけど針が手に入るのかがやっぱり問題ですね。

[C1177]

>どらさん
そうだったんですね。>空き具合今ひとつ
耐久性はまだまだ定かではありませんが、とにかくよく出来てると思います。
さすがMAXです。

>どーむさん
多分、付属のモノ、切れたら終わりでしょうね。とは言え、4つ買っていますからしばらくは持ちますが。(苦笑)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/663-5b401934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。