Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C59]

有隣堂の小田原ラスカ店で見つけたのですが、
ちょっと考えて、買うのをやめたのです・・・
(100円だったから買えばよかったのに)

それは、消すときに、この消しゴムがすぐに
とれてしまうのでは?? というところが気に
なったから・・・ 
実際はしっかりついたままですか?(笑)
(鉛筆にもよりますよね)

[C61]

意外としっかり付いています。
吸盤的な作用もあるのかも知れません。
因みに、測ってみたところ、穴の深さは1.2センチでした。
ごしごしこすっても、あまり外れる不安は感じなくて済んでいます。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/75-3f922266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フライハイトさんで買った消しゴム 3

erase3.jpg

知るヒトぞ知る(?)鉛筆のお尻に着ける消しゴムです。
実は、一部のオーケストラ関係者にとっては定番なのです。
通常、オケの練習では必ず譜面台に鉛筆は必須です。
当然指揮者の指示はもちろんのこと、弦楽器の場合は、ボウイング(弓の上下)を書き込むのです。
で、そいつがちょくちょく変わるので、その度に消して書くワケですが、譜面をめくるのに邪魔になるから、できるだけ余計なものは乗せたくない。
よくある消しゴム付きの鉛筆では、あのお尻の消しゴムは貧弱すぎて、折れたりすぐなくなってしまったりするのね。
で、コレは割としっかりしていて、使ってなくなれば交換できる。
ということで、ひとつのオケに必ず数人から十数人はコレを使っているはず。(ホント?)
ボクが高校~大学~社会人と、オケをやっていた頃は、このタイプの消しゴム、赤みがかったピンク色みたいなのしかなかったんだけれど、いつの間にかこんなにカラフルなのが出ていたのですね。
ほら、ココをご覧の音楽関係者の皆さん、欲しくなってるでしょ?(笑)

コメント

[C59]

有隣堂の小田原ラスカ店で見つけたのですが、
ちょっと考えて、買うのをやめたのです・・・
(100円だったから買えばよかったのに)

それは、消すときに、この消しゴムがすぐに
とれてしまうのでは?? というところが気に
なったから・・・ 
実際はしっかりついたままですか?(笑)
(鉛筆にもよりますよね)

[C61]

意外としっかり付いています。
吸盤的な作用もあるのかも知れません。
因みに、測ってみたところ、穴の深さは1.2センチでした。
ごしごしこすっても、あまり外れる不安は感じなくて済んでいます。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/75-3f922266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。