Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/901-875d79ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

文具について最近思うこと。

いきなり大げさな話とお思いでしょうが、最近、この国の生活にはダウンサイジングが必要だと考える事があります。
IMGP1081.jpg
きっかけは勿論、震災による節電騒ぎだったのですが、正直、以前から東京は明るすぎると思っていたのです。
過剰な消費に支えられなければならない経済成長は最早不要なのではないか...?
個人的には、元禄の時代に戻りたい。と、思ったりしています。

さて、そこで顧みて自分の趣味でもある文房具の世界はどうかと。
先日、twitterでこんな発言を目にしました。
『紙に文字を書いていると、まれに筆記具と手と紙の三つが描線を中心にして引かれあうようにぴたりと調和する瞬間に出会う。その最強のバランスがやってくると「向かうところ敵なし」という心境になり、心が言葉に集中してゆくのを感じる。それを少しでも多く体感したいから、真剣に文具を選んでいる。』

御意!

そんなワケで、何と言うか、内心、コレクターはもういいかなと思ったりしているのです。
本当に自分の気に入った万年筆と、相性の良い紙があれば、それで充分なのではないかと。
これは自分のひとつのダウンサイジングです。
しかし、集中することで上質な生活に向かうということであって、衰退とは思いません。
勿論、万年筆至上ということでもなく、私はたまたまそれが好きだということで、必要に応じて、鉛筆やシャープペンシルだって使うし、仕事ではボールペンだって使います。
そして、それらにもまた、違った相性の紙というものもあるのでしょう。

長くなりましたが、決して文具蒐集を止めるとか、ブログを止めるとか、そう言った大袈裟な決意なのではありません。むしろ手書きにこだわった紙のネタなど、増えるのかも知れません。

ひとつには、原点に帰って素朴に書くことを楽しみたいということ。
それから、好きには違いないから、これからも折を見て多少なりとも皆さんのお役に立てる情報があれば、発信して行きたい。
という姿勢を大事にしながら、どうでも良いものでお茶を濁すようなことはすまいと改めて思っているワケです。

さて皆さん、最近、手で書いていますか?
(と、キーボード叩いている私はちっとも偉そうなことは言えないのですが。)

※写真は以前紹介した某随筆家の手書き原稿です。私の宝物。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://du.blog2.fc2.com/tb.php/901-875d79ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。