Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験工房 インク編 PART1

最近、インクを調合する製品も出たりして、自分でインクをという方もちらほら。
で、そもそもインクってのはどういうモノであるかという話。面倒だからだいぶ省略しちゃうので、多少の誤解が生じるかも知れないけれど、あまりシビアに読まないでね。
通常、インクには、顔料系と染料系があるワケ。
顔料は日本画の絵の具なんかが代表的。鉱物などを粉末にして膠で溶いて塗る。テンペラ画なんかもそう。
一方、今回ここで実験するのは、ヨーロッパの写本なんかで羊皮紙に使われる染料インク。
『没食子インク』と呼ばれるこのインクは、簡単に言ってしまえば、『タンニン』+『酸化鉄』
タンニンが羊皮紙の繊維に化学変化を起こし、落ちにくい黒を出すというもの。
本来的には、タンニンを多く含む植物の虫こぶと、鉄で作り、アラビアゴムでとろみを付けるんだけれど、できるだけ手近にあるもので実験したいので、代替品で行きます。
タンニンはお煎茶で。それほど豊富というワケではないけれど、カテキンの経時変化も含めて、役割は果たせます。
鉄はそのまんま鉄クギで。後から考えたらスチールウール(鉄製たわし)の方が効率が良かったけれど、手元にあったのがコレだけだったから。
R0015244.jpg
とりあえず瓶に入れます。まだお茶です。

続きを読む

オリジナル封筒作り 完成品。

続きです。
賢明な方は既にお気づきかも知れませんが、先の試作品は決定的なミスが。
そう、宛名が書けないのだよ。
R0015261.jpg
ってことで、コレが本来あるべき姿。

続きを読む

オリジナルの封筒試作

紙工作は愉しいですね。
先日、キリグラフの瀬川さん(http://killigraph.com/)の個展に行って参りました。
やはりね、自分で手を使って作るというのは愉しい。
で、個人的にずっと懸案だったオリジナル封筒を作り始めたワケですよ。
R0015251.jpg

続きを読む

パイロット:いろとりどり

パイロットの『いろとりどり』というサインペン(?)
文具箱からの発掘モノです。
R0015240.jpg
買った時のことを覚えていないのですが、このネーミングだからきっと多色展開をしていたのでしょうねぇ...。
特徴はペン先。

続きを読む

1日の終わりに

IMGP1335.jpg
行きつけのお店でJazzを聴きながらお絵描きタイム。
最近、輸入系の文具店にenvelope系商品が増えた気がする。
みんなそんなに手紙書いてるのかな?
先日どこかで見かけたグラシン紙の封筒はなかなか素敵でしたけど。
因みにボクは仕事上の取引先に資料など送る時には手書きの便箋を添えることが多いです。

ペナントナイフ

最近また少々木工を始めています。
R0015192.jpg

続きを読む

ご無沙汰してしまって...

愛用のMacは飛ぶは(結局バックライト切れ)、仕事は順調とは程遠いはで、何かと余裕がなく、放置してしまいました。
そんな状態でも毎日お越しいただいている皆様、本当にありがとうございます。

さて、久々の投稿ですが前回に引き続いて鉛筆削りです。
_IGP3030.jpg

続きを読む

ナニナニ!?増刷となっ♪

おかげさまでSimplex一冊目が増刷と相成った模様。
遠慮気味のスタートとは言え、まずは一段階ハードルをクリアした感で、めでたい!
で、そこにチラッと書いた、祖父が事務所で使っていた鉛筆削りがコチラ。
DSC05581.jpg

続きを読む

Simplex vol.002 発売!

またまた出ました。Simplex vol.002です。
なぜvol.2でなく002か。
それは100号まで頑張るぞと。そういう意味です。

さて、今回は銀座、有楽町、丸の内界隈のショップ特集です。
何を今更銀座かと。
もう飽きるほどあるいとるぞと。
そういう声も聞こえて来そうな気がしますが。
確かに語り尽くされている感満載でもありながら、やはりホームグラウンドに対する愛着というのもあるワケで、GWに向けて改めて文具巡りをとお思いの皆様に、愛情込めてお届けしたいなと。

で、先に謝っておきますが....
・誌面の関係でショップの営業時間やら住所やら電話やら、詳細なプロフィールは載せていません。
・誌面の関係で相変わらず小さな文字が詰まっています。

というワケで、本当に心苦しいのですが、詳細は別途ネットなどでご確認ください。
それから、小さな字がダメな方。天眼鏡をご用意くだ%$$6

ま、そんなこんなですが、しかし、何と言うか、愛情だけは負けないぞと、賢者タイムに入りそうなくらい(意味不明)全身全霊注ぎ込んでおりますので、情報の目新しさ云々というよりは、暇つぶしの読み物としてもちょっとニヤつきながら、お読み戴けるのではないかと、そう思っております。

因みに今回はさんてんんりーだのやまかつさんも参戦ということで、硬軟取り混ぜて想像以上の充実っぷりなのです。

とにかく、100号までの道のりは遠く、皆様のご意見なども積極的に伺いつつ、作るボクらも楽しんで参りたいと考えておりますので、コメント欄でも何でも、是非叱咤激励をとお願いしつつ...。

なぜか続くテープディスペンサー。

珍しいこともあるものです。
たまたま時期的に出逢ってしまったというワケで、話題の(?)ドーナツです。
DSCF7019.jpg

続きを読む

Appendix

Entry & Comments

Extra

Counter

ページビュー>>>
閲覧中>>>

Calender

このブログ内の検索


Profile

guarneri

  • Author:guarneri
  • 出版社勤務。
    チェロ弾き。
    ギター好き。
    ピアノ好き。
    文具好き。
    写真好き。
    ヴァイオリン作り。
    HP>>>g.CONCEPT
    twitter:guarneri

全記事(数)表示

全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。